S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

決算銘柄メモ:2019年10月1-18日

   

10月前半の決算銘柄のうち気になった銘柄で、かつ素直に買われたものをメモ。

10/10決算

9983ファーストリテイリング

ファストリ、今期税引き前は9%増で4期連続最高益、20円増配へ

国内外含めた総体での業績はコンセンサス未達も、海外売上が1兆円を超え、営業利益も国内より海外の方が多くなりました。

海外事業の伸びが評価されたのか株価は急上昇。パッシブの買いで持ち上げられてる部分も相当あるとは思いますが。

2303ドーン

ドーン、6-8月期(1Q)経常は黒字浮上で着地

粗利率がQonQで+20pt改善。買いました。

6323ローツェ

ローツェ、上期経常が52%増益で着地・6-8月期も25%増益

半導体銘柄に買いが集まる地合の中、同セクターで好決算を出すとどうなるか?

答え「株価上昇が止まらなくなる」です。

6289技研製作所

技研製、今期経常は2%増で6期連続最高益、2円増配へ

防災関連ということで買われてる部分もあるかも。

10/11決算

3498霞ヶ関キャピタル

霞ヶ関C、今期経常は2.2倍増で3期連続最高益更新へ

決算発表後S高、翌日以降も爆上げが止まらず。個人的には太陽光というだけで投資対象外なのですが、こういうエネルギー事業で株価が爆上げしてるケース他にもあるし考えを改めるべきなのかも。

10/15決算

9270SOU

SOU、今期経常は15%増益へ

決算説明資料を見ると仕入高がQonQで前期比+35.6%。SOUのビジネスモデルってガリバー(現IDOM)のやり方を中古品に応用したものですよね。であれば仕入高≒売上 のビジネスなので現時点でもう業績上振れ余地があるな…ということで、開示を見てすぐにPTSでちょっと買い。翌日のザラ場はS高気配のまま終日張り付きかと思いきや引け間際に寄ったので買い増し。

7065ユーピーアール

upr、今期経常は19%増で3期連続最高益、前期配当を5円増額・今期は実質増配

14時決算、同時に株式分割も発表。直近IPOらしくマネゲ突入で株価暴騰。

2884ヨシムラHD

ヨシムラHD、上期経常は2.5倍増益で上振れ着地

通期上方修正が無かったので寄り天で終わりかな?と思ったらS高まで買われて翌日以降も続伸。

3994マネーフォワード

マネフォ、12-8月期(3Q累計)最終が赤字拡大で着地・6-8月期も赤字拡大

業績が好調なのは皆知ってるけどバリュエーションが高過ぎのやつ。割高新興株で買われないかと思いきや株価上昇。

#決算説明資料の中に知っている顔の方がいて決算で目にする度に人生の不思議さというか、先のことって本当にわからないなと感じます。

9601松竹

松竹、上期経常が51%増益で着地・6-8月期も60%増益

10/10に上方修正が出たときはあまり反応せず、15日の決算開示で買われる謎。IDOMもそんな感じでしたね。市場が賢いのかアホなのかわからなくなる瞬間。しかしこういうパターンを見て二匹目のドジョウ狙ってBETすると下がったりするから難しい。

 

所感

  • そもそも好決算と思える銘柄が少ない。
  • 好決算だと感じても買われない、または2日程売られてから再浮上する天邪鬼な値動きが多め。相対的に先回り買い多過ぎ?
  • あまり良くないと感じる決算でも買われるものがしばしばある。コンセンサス未達の小売り銘柄など。
  • 新興株が買われにくい。特に高バリュエーション銘柄。SaaS銘柄もPSRという指標は許されない感じに。
  • 例外的に強い銘柄は決算でさらに買われる。

こんな感じですかね。

新規で買いたいと思える銘柄が本当に少ないです。自分の売買対象セクターではドーン、SOUくらい。

また、よほど自信があるものでない限り飛びつき買いをしても報われにくい。中途半端な上げは売り場にされている印象。

10月前半は不作だったので、後半組の決算に期待してます。

 - 決算