S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

決算銘柄メモ:2019年10月21-25日

   

気になった決算をメモ。買われなかった銘柄も含めています。

10/23

4973日本高純度化学

日本高純度、上期経常は10%減益で着地

リードフレーム用めっき薬品の販売につきましては、半導体需要の低迷により低調でしたが、前事業年度から続く貴金属パラジウム価格の高止まりに伴い引き続き販売額が増加する結果となりました。

6594 日本電産

日電産、今期税引き前を15%下方修正、配当は5円増額

下方修正も出尽くしで上げ。今が業績の底という見方なんですかね。これで下がらないなら、もうなんでも良いような。

7949 小松ウオール工業

小松ウオール、今期経常を17%上方修正、配当も5円増額

オフィスビル・複合施設の需要拡大と増税前の駆け込み。市場の評価は○で買われました。

10/24

4312サイバネットシステム

サイバネット、今期経常を一転24%増益に上方修正、配当も4.68円増額

8月からSI会社は株価が冴えないですが、さすがにこれは買われましたね。私も買いました。

IT系の企業は受託開発のSIerが大多数ですが、顧客都合で増税前に請求を押し込まれて上期上方修正になってるパターンが結構あると思うので注意した方がいいかも。銘柄名は伏せますが、大型契約を分割契約にして増税前に計上させられてるんじゃないかというところもありました(S高まで買われてまだ上がってるし違うのかな?)。期ズレで結果として上期が好調に見えるところは次のQでコケる可能性があるので、中間だけの上方修正で買うのは危ないかもしれません。

4519 中外製薬

中外薬、7-9月期(3Q)最終は2.2倍増益、今期配当は96円を未定に変更

業績好調&株価チャートも良い形で、こういうのを中長期ホールドできると理想的だなと思います。押し目があれば買いたい。

3107ダイワボウ

ダイワボウ、上期経常を66%上方修正・最高益予想を上乗せ

超絶決算も寄り天。典型的な知ってた売りですよね。寄りで買った人は辛いやつ。大型株はフォローしてる人たちのレベルが高いので、決算がサプライズになりにくく難しいと思います。個人のファンダ投資家も大型株でも勝てる人ってほぼ見かけないですし。逆に大型株でも勝ち続けているファンダ投資家は本物なんだろうな。

9058トランコム

トランコム、今期経常を6%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も6円増額

地味ですけど着実に伸びてます。ただチャートは右肩下がりで、流動性がなくボラも大きいため買いづらい。

3064 MonotaRO

モノタロウ、1-9月期(3Q累計)経常は12%増益で着地

成長鈍化で売られると思いきや寄り底で+4.3%フィニッシュ。需給が明確に上を向いてる銘柄ってこういうのありますよね。わかっちゃいるけど買えないんだこれが。

6146 ディスコ

ディスコ、上期経常が19%減益で着地・7-9月期も9%減益

減益でもコンセンサスはクリア。

ただでさえ買われている半導体がコンセンサスを超えるとどうなるか?

答え「株価はさらに上を目指す」でした。

3969エイトレッド

エイトレッド、上期経常が24%増益で着地・7-9月期も3%増益

業績が投資家の期待に届かず暴落。私も決算持ち越しをして食らいました。

IT導入補助金による追い風、また比較的小規模なパッケージ売りで一般的なSIと違って相談から導入まで短期間で済む商売ということもあり、ギリギリまで増税前の駆け込み需要が加速しているんじゃないかという読みが外れちゃいました。BSの数字を追っていって、ストック型ビジネスであることを加味すると定量的に見てもイケる可能性大と踏んだんですけどね。

業績が悪いわけではないものの、指標的に安くもなくグロース逆風の中であえて買い持ちする理由が見つからず売却。

4286レッグス

レッグス、1-9月期(3Q累計)経常は26%増益で着地

1-2Qは好調でしたが、この3Qは厳しい数字が出てしまいました。エイトレッド同様に決算持ち越しをして被弾。

細かい理由は省きますが、積まれた案件が消化され売上に計上されるタイミングとして1-4Qのうち3Qが最も大きくなると読んでいました。そして3Q決算を見たら完全に想定外の数字が並んでいて、頭を鈍器で殴られたような衝撃が走りました。2Qまでに積まれた案件はどこいった?社員が250人超に増えて瞬間風速的な注文もこなせるようになったんじゃなかったっけ?通期上方修正が出るかどうかという目線で見てたんだが??色々な思いが頭を駆け巡る中、これはストップ安いっちゃうかもなと判断してPTSで捌いて終了。

エイトレッドの数字はまあそんなもんかという気もしますが、レッグスは完全なるネガティブサプライズでした。

10/25

2413 エムスリー

エムスリー、上期税引き前が19%増益で着地・7-9月期も26%増益

安定の好業績。コンサル出身の経営者って上場ゴールをキメるケースが多い印象があるんですけど、谷村さん率いるエムスリーは何年も継続的に業績を伸ばしています。リクルートに次ぐ伝説的なベンチャー企業ですよね。株は買っていませんが、どこまで行けるのか楽しみな企業です。

3771システムリサーチ

システムリサ、上期経常を49%上方修正・最高益予想を上乗せ

こちらも毎度業績好調という印象。SI会社の株価が冴えない中、ここはどう評価されるだろう?

3850NTTデータイントラマート

イントラマト、上期経常が84%増益で着地・7-9月期も91%増益

個人的に予想していたより良い数字が出ました。結果的には決算持ち越しをしていれば良かった。

大企業向けのNTTDIMよりもエイトレッドの方がこのような数字を出す可能性が高いと思ったんですけど逆でした。うーん。

 

所感

大型株は悪材料出尽くし・好材料出尽くしで決算コンセンサス無視の値動き、小型株は市場参加者の減少により板がスカって無駄にボラが大きい値動きをしていて売買が難しいです。

また、前回決算期のOSGのようなお宝銘柄は見つからず。焦っても仕方ないので引き続きよく見ていきたい。

 

 - 決算