S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

2018年7月の振り返り

      2018/11/30

今月もお疲れ様でした。上旬は米中貿易摩擦からの新興崩壊、下旬はビジョナリーショック、新興銘柄失速、そして決算暴落と激しい月でした。

 

月間パフォーマンス

家口座は年初来24%、個人口座は年初来15パーセントで、月間で見ると家口座は+1ポイント、個人口座は-2ポイントとなりました。7月3週目までは順調でしたが、ビジョナリーの暴落(約-30%!)、ソフトブレーン2Q決算後S安、主力としていたZOZOの調整・決算後下落が重なり、ほんの一週間ちょいで10ポイント落ちてしまいました。

 

決算銘柄

決算持ち越し結果

  1. アタオ ◎ S高
  2. ビジネスブレークスルー ×
  3. ソフトブレーン × S安
  4. ZOZO ×
  5. スクロール ◎ S高

全体的に決算内容が芳しくない企業が増えてきたという印象です。その中でもIT系銘柄が調子を崩しているのが散見され、ストック型だからといって油断してるとやられる厳しい状況。よほど自信がある銘柄以外は決算持ち越しは避けた方が無難ですね。

決算後購入銘柄

  1. ネットワンシステムズ ◯
  2. NTTデータイントラマート ◯
  3. フューチャー ◯
  4. コムチュア ◯
  5. 電産システム ◯
  6. ファンケル × →損切り後上昇
  7. インフォD × →損切り後上昇

決算内容を見て上記銘柄を売買しました。ファンケルとインフォDは高く寄り過ぎたのか売買し難くてLCしてしまいましたが、概ねうまくいっていますのでこの手法を続けていきます。

 

8月の計画

決算銘柄に集中します。好決算銘柄を吟味して、なんとかパフォーマンスを引き上げたいと思います。

最近話題のマイトレード。パフォーマンス確認におすすめです。 無料の株管理アプリ『マイトレード』

 - 月次