weboyajiの株式投機ブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

2018年9月の振り返り

      2018/11/30

今週&今月もお疲れ様でした。北海道の地震、TATERUショックにそーせいショックと波紋もありましたが、最終週は堅調な展開となりました。

9/25(火)を起点とした株価指数推移

9/24(月)を起点とした株価指数推移

 

月間パフォーマンス

家口座は年初来27%、個人口座は年初来10パーセントで、月間で見ると家口座は+2ポイント、個人口座も+2ポイントとなりました。最終週に地合が好転して多少パフォーマンスが伸びた形です。そーせいショックを食らったりCSPの上方修正を取り逃がしたり痛いミスもあった反面、UUUMの上昇を取れた点などは良かったと思います。結局、業績の良い銘柄を握っておけということだなあと痛感した月でした。

 

10月の計画

10月のポイントは以下2点と考えています。

  • 上方修正期待銘柄
  • 直近IPO銘柄の盛り上がり

10月下旬にかけて徐々に上方修正を出す企業が増えてくるはず。直近の決算が良かった銘柄をきちんと買って、取れるとこは取っておこうというのがまずひとつ。# さっそく7月の決算を見て買ったネットワンが上方修正を出して幸先の良いスタートになりました^^

もうひとつは直近IPOの乱舞を取ること。決算資料も少ないので難しいですが、中長期的に成長が見込める時流に乗った商売をしている銘柄を選べば当たる可能性が高まるかなと。こちらは先週書いた銘柄のほか、AIの技術を持つユーザーローカルも買ってみました。足元の業績が良く、有価証券報告書を見ると社員増加ペースがアップしている点から、今期かなり大きな案件or案件量を受注する見込みがあるのではと妄想しています。

 

日経は明確にレンジ上抜けして上昇トレンドが発生しているので、少なくとも2ヶ月は買い優勢の地合が続くと見ています。先週からほぼフルポジにしているので、地合の助けも借りてパフォーマンスが伸ばしたいと思います。

 

パフォーマンス確認におすすめです。 無料の株管理アプリ『マイトレード』

 - 月次