S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

2019年3月の振り返り

   

3月相場お疲れ様でした。全体的にはじり上げでハッキリした下げも2回くらいの比較的安定した地合でしたね。個別株はメディアフラッグ(インパクトHD)、ロゼッタといった好決算銘柄の上げが印象的でした。これらを買っていた人たちはかなりのパフォーマンスを上げているようです。ほんと私の資産も運用してほしいですよw

そのような中で、私の資産も多少増えました。数字は非公開にしておこうと思います。勿体つけるようなレベルじゃないんですけど、メンタル的にフラットな状態を維持したいので。

 

今月の売買

今月はIPOと決算銘柄の利益が半々くらいでした。元々3月は決算銘柄よりIPOに資金が来ると読んでいたのですが、蓋を開けてみれば好業績銘柄が普通に買われていたのでIPOはスルーでも良かったです。ただIPOは数量を買える出来高と値幅があるので、成功するとパフォが跳ね上がるのもまた事実なんですよねえ。しかしスマレジの値動きには何度もヤラレて発狂しそうになりました(›´ω`‹ ) 。

なおIPO銘柄が寄ったの見てたら買ってたよって人は買わない方が良い気がします。私は今のところ運良く全勝なんですけど、十分に事前準備して臨んでますよ。不利になったら見送るし。寄ったのを見てから判断するとか完全に博打だと思います。



個別銘柄メモ

今月気になった銘柄についてメモ書き。

メディアフラッグ

インドで小型リテール事業開始がウケて先月から暴騰。日本のような卸売がいない海外ではSKU単位での商品管理ができないと思うのですが、どうするつもりなのか?そして四季報予想に無茶な数字が。これプリヴェと全く同じパターンやん。風呂敷だけのやつやないかい!って真面目か。プリヴェ同様、共同幻想を描く条件は満たしているんだから即買っとけだったなあ。会社を疑ってればしぬ確率は低くなるけどこういうバブルを逃してしまう。時にはアホになって買わないと。結局かなり上げた後で買い、しかも早売りで終了してしまいました。こういうのは乗って握って最後の暴落で売るのが正解だと思います。

ロゼッタ

上方修正で暴騰。仕事でT4OOを使っている知人がいて、料金体系がぼったくりだと憤っていたのを聞いて買っていました。ユーザーがそう感じても使わざるを得ないって投資対象として最高じゃないかと。単語数に応じて料金プランが上がっていく方式なので、書類まるごと翻訳するなら高いプランを使わざるを得ないんじゃないの。株券的には目先買いたい人はみんな買った気もしますがどうなるものか。1Qの数字を見て買う組がどの程度いるかですかね。えっPERが高い?関係ないから!

エニグモ

ゴールドウイン以来の美しい決算を見た気がします。決算説明資料に全て書いてあるので特に言うことなし。バイマトラベルが伸びたら時価総額1000億円見えてくるかな?

リンクバル

分売で反転上昇。普段から分売をやっている方々の評価が低い(=事前に期待されていない=後から買う人の余地大)のも○だったし、大量に仕入れたい人はこのタイミングしかないわけで、十中八九寄り底だろうと。と偉そうに書きましたけど、これは取れた人多いでしょうね。サンバイオのリバ取りくらい甘い案件でした。

ワークマン

株は需給、株は人気ということがあからさまにワカる銘柄。今月頭に開示された2月の月次、去年なら売られていた数字だと思います。が、アゲアゲモードの今はポジティブに捉えられて上へ。次の本決算で10,270円(分割前)くらいかなと思ってたらさらに上へ翔んでいきました。去年から調べて知識がある人ほど握れなかったんじゃないでしょうか?この数字でこんな買われるんかいと。はい、私もです。泣きながら買い直しました。

ギフト

1Q決算が好調で買われはじめ、続けて優待組、モメンタム組が押し寄せ上昇中。株はファンダ派・テクニカル派の交差点が一番美味しいんですよね。さらに優待族が来るとは…。

また、出店立地タイプの変化と利益率の関係を見抜いてる個人の方がいて驚きました。やるなあ。

スプリックス

サイバーエージェント系のグループ会社が作ったプログラミング学習サービス会社に出資の開示で上昇。IRに確認しましたが、森塾の授業の中にプログラミング学習を加える程度の模様。業績貢献は来期以降だと思います。ここはシルバーライフやクスリのアオキのような会社というイメージ。中長期で投資する方が合ってるように思います。

アルー

今すぐ買う必要があるのかという気もしますが、MSOLやギフトのように有名個人の一言で翔んでいくと困るので仕方なく買ってるやつ。本当は2Q決算まで待った方が良い気がします。

プロパティDB

漂う不動産臭から避けていましたが、ITサービスの会社なんですよね。プロダクトアウトではなくマーケットインでサービスを作っており、業績数字が淡々と積み上がってます。注目すべきはデータサイエンスサービス。自分もやったことあるのでわかりますけど、これ相当な需要があるんですよ。特に小売系はAI・データ分析やれって上から言われて困ってますから。営業マンもこれのおかげで既存サービスも売りやすくなったんじゃないですかね。今流行りの分析サービスができます、そのためには@プロパティを契約する必要がありますと。風呂敷広げる会社じゃないと思いますけど、4/26の決算は要チェック。

ダブルスタンダード

データ分析をやるには既存データが必要ですけど、そのデータ取得と加工が大変。AI・データ分析にかかる労力の7-8割はこの事前準備です(一見華やかな分析工程は実はそこまで手間がかからない)。この面倒な部分を支援する同社サービスの需要は相当大きいと思います。あとは人繰りですね。需要を取り切る体制を作れるかどうか。

メンバーズ

こちらもデータ分析系の需要に応えるサービスを提供している会社。デジタル人材需要満喫。今のところ人集めがうまくいっているので、業績はまだまだ伸び代あるかな。株価は一旦下に押しそうだけど。ダブルスタンダードもそうですけど、AI関係はファンドが買ってくるのでPFに入れておきたいですね。

GMOペパボ

決算内容が良くて買われたものの停滞中。影響力ある個人の売買発言で荒らされるの勘弁です()

 

 

流動性リスクを避けるため、上記以外の銘柄も色々と買って分散しています。一発狙いの仕込み銘柄もありますが…書いてません。しかし改めて内訳を見ると個人が好きそうな銘柄ばかりだなあ。また、有名個人や株探の煽りで上がっちゃうパターンが多くて苦慮してます。

PF管理を単純化していきたいので、対策を考えないと。

しかし何度やっても株難しい!

 

 

 - 月次