S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

2019年4月の振り返り

   

4月相場お疲れ様です。

あまり大きな動きもなく、指数はじり上げでした。

  • 日経平均 22,258.73円 前月比+1,052.92円 +5.0%
  • TOPIX 1,617.93pt 前月比+26.29pt +1.7%
  • マザーズ指数 944.63pt 前月比-11.21pt -1.2%

マザーズ指数も上がってたような気がしましたが結局月間マイナスだったんですね。

このような中、私の口座はトントンくらいでした。ロゼッタで大きめの利益を得た一方、中途半端にポジった他の銘柄たちのLCや利食い損ねたポジの下落で大きめマイナス、月末のペパボ爆上げ+決算を見て買ったVコマの上げ等で取り返してトントン。地合は悪くないとはいえ、やっぱり節目である程度利食い入れないとダメだなあと反省。



個別株メモ

今月気になった銘柄をメモ。

チームスピリット

4/11 2Q決算、併せて株式分割も発表。S高まで買われ、その翌日からも4日大幅連騰。

最近のビジネス系SaaS銘柄人気もあって買いが集まった感じでしょうか。アセマネOneが買い増し。

SHIFT

4/11 中間決算。決算は事前想定と同じくらいで、新株予約権の売りに押されるかなと思ったら大幅上昇。アセマネOneなどが買い増してますね。これが大人のチカラだ!って感じ。

ロゼッタ

4/12に本決算開示、翌日S高。受注残高の積み上がりが評価され、また有名個人の方がメディアで取り上げた?とかで買いが集まった格好。前にも書きましたけど、次の1Q決算の方がより重要だと思います。

TKP

4/15本決算。決算と同時にリージャスの子会社化を発表。

今期予想は売上が弱いものの、市場からは評価され大幅上昇。競合買収は自社のシェア拡大と同じということで、売上予想の物足りなさを補って評価された?

レーティングは引き下げられていますが、株価は下がらず。

RPAHD

4/15本決算、翌日S高。今期予想は事前予想をやや上回るくらい。新株予約権も大量にあるので上値は重いかと思いきや暴騰。時価総額は一時1500億円超え。大口は売っているようですが…個人の買いでここまで上がるとは驚愕です。

バリューコマース

4/24 1Q決算で通期上方修正。これはサプライズ感がありました。Yahoo!ショッピングにpaypayの追い風が来るだろうし、今期もう一度上方修正がありそう。

GMOペパボ

4/25 1Q決算。ミンネの黒字化、経常利益の大幅増が評価され上昇。プロモーション費用の抑制って、3ヶ月前の本決算で織り込まれてなかったのが意外。ミンネの月次公開を止めたということは、販促にカネを突っ込むフェーズが終わりKPIを公開する必要がなくなった=今後プロモーション費用抑制だよ、という理解だったのですが…ホルダーなので上がってくれるに越したことはないんだけど、若干モヤモヤも。

 

特に気になったのはこんなところ。

直近IPO組は結局ファンドが買ってくるかどうか?が9割で、割安・割高の判断だとか、決算の読み込みでエッジを獲るとか要らない気がします。むしろそういうのは邪魔になるんじゃないでしょうか。だって買えない理由の方が多く見つかっちゃうでしょ?w

もうちょい落ち着いてる銘柄に目を向けてみると、PR TIMESなんか好決算だと思いますが、前受金の増加ペースが前年比で弱いせいか株価の反応は限定的。

ヨシムラフードも良さげですが、M&Aは金利上げられたら厳しいような…でも株価は上がってるんですよねえ。短期で売ってしまった。

あとJIA。これ見てると2007年のフィンテック・グローバルを思い出してしまう。あのときのピカピカのスーパー成長株がまさか低位株になるとは…その他金融・不動産セクターこわい。

その他4月最終日の決算銘柄で気になるものもありますが、そこは今回除いておきました。

決算銘柄については以上。

 

そんなこんなで4月も終わり。そして平成相場も終わり。来月は令和相場初月なので、良いスタートを切りたいですね。

 

 - 月次