weboyajiの株式投機ブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

【2018年9月1週】TATERUショック、北海道地震、トランプ関税追加

   

今週もお疲れ様でした。

TATERUの預金残高改ざんによる連続S安、北海道地震の発生、トランプ関税追加など波乱の展開となりました。

9/3(月)を起点とした株価指数推移

9/3(月)を起点とした株価指数推移

 

このような中、家口座は年初来23%(先週比-2ポイント)、個人口座は年初来6パーセント(先週比-2ポイント)となりました。

全体的に保有株が軟調で、中でもアルファポリスが5営業日で20%程度下がるなどしてパフォーマンスが低下しました。

 

TATERUショック

8/31(金)の引け後にTATERUの顧客預金残高改ざんが発覚。今週月曜から3連続S安で、株価は70%程下げました。大東建託ほか不動産セクターの株も連想で売られています。

個人的には改ざん自体よりも不動産市況の天井サインにしか見えないのがイヤな感じです。

スルガ銀行の不正も表沙汰になり、さながらサブプライム問題のようになってきましたが週明け以降どうなるものか。

 

北海道地震発生

9/6未明に北海道で震度7クラスの地震が発生しました。被害に遭われた方は本当に大変だと思います。特に若い人・小さい子が亡くなったニュースを見ると胸が痛いです。

そんな中で株の話に結びつけるのはいささか気が引けますが…株式市場は下げてはいるものの、ショック安というところまでは行きませんでした。様子見モードですかね。

 

PFを整理

9/6の寄りから一気に利食い・損切りを進め、トレンドが出ている強い株や上値余地が大きいと見ている株に集中するようPFを整理しました。この一気売りを流動性に囚われずスムーズにできるよう多数の銘柄に分散しておいたので、ストレスなく整理ができたのは良かったです。

なおテクニカル的に崩れていてもファンダ・業績的には期待値が高いと見ている銘柄もありますので、それらは個人口座に寄せて放置しています。

 

ワークマンが堅調

かねてより一部で話題のワークマン。有名個人の方も近づき株価が強含んでいます。ただ、FMR LLCは利食いを始めているようですので、来週以降しばらく下げるかもしれませんね。私は今のところ放置の方針です。一昨年ノースフェイスの箱型リュックの流行をいち早くキャッチしていたのにゴールドウィンを取り逃がした苦い経験を活かしたいと思っています。

 

元気寿司が6000円台乗せ

元気寿司が野村のレーティングを受け上昇、ついに6000円台に乗せてきました。私は決算を見て目標5500円と分析して買ったものの、途中の下げで売ってしまい薄利撤退済みです。正直短期間でここまで買われるとは思っていませんでした^^;。

一方、同時期から保有継続のスクロールは下げ。なかなかうまくいかないなと感じつつも保有を続けています。

 

【ZOZO定点観測】計測スーツ不要でオーダー受付開始

こちらの記事で計測スーツの注文率が低すぎると書きましたが、その解決策でしょうか。

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは7日、プライベートブランド「ZOZO(ゾゾ)」で、採寸用のボディースーツ「ゾゾスーツ」を使わずともTシャツやジーンズをオーダーできるサービスを始めた。身長や体重、年代、性別を入力するだけで最適なサイズの商品が届く仕組み。体形を推測する独自のアルゴリズムを開発したという。

スタートトゥデイ、ゾゾスーツ無しで買えるオーダー開始

会社員的にはとても正しい答えでしょうね。実測データがネックなら推計値で代用すればいいと。これで注文が増えず失敗しても、理屈は通ってるので言い訳できます。

ただ、顧客体験としてはどうなんでしょうか。どんな機械学習をしようが原理的に推計値が実績値より正確になることはありません。つまり推計値を使えばジャストフィットからは遠ざかります。

そこにイノベーションはあるんか?

オーダー数が増えてもCSが下がって、先々リピート率が下がるんちゃうんかと。目先の業績・KPIの数字達成に目が行って、いつのまにか革新性から離れてフツーのSPAにすり替わってんちゃうかと。

投資ではすでに降りていますが、消費者としてもガッカリ感が否めません。上場企業であることと収益化まで時間のかかる革新的事業というのは相性が悪いので仕方ないのでしょうか。

好き放題書きましたが、勝負に出ているZOZOと前澤さんはスゴイと思うし応援したいので、ここからまた夢を見させてほしいです。

 

最近話題のマイトレード。パフォーマンス確認におすすめです。 無料の株管理アプリ『マイトレード』

 

 

 - 雑記