weboyajiの株式投資ブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

スタジオアタオ(3550)の高収益性と成長余地に賭けてみる

      2017/06/18

先日スタジオアタオPFに加えました。忘備録がてらに調べたことをメモしておきます。

 

スタジオアタオとは

自社オリジナルブランドのバッグや財布を店舗とECで販売している企業です。

http://www.atao.co.jp/

上場時期は2016年11月下旬で、市場的にはまだ若い銘柄。時価総額は100億円程度の小型株です。

 

自社ブランドで製造・小売を行うSPA型ビジネスで利益率が高い

アタオの特徴のひとつは、売り物を自社で作っている(企画している)ところです。

自社ブランドなので当たれば売上・利益に大きくインパクトを出せます。ただし、その逆もしかりなのですが、同社の製品を使っている北川景子ほか有名女優のネームバリューで今のところ良い方に傾いています。

既存ブランドは『ATAO』の他、『IANNE』『Roberta di Camerino』『ILEMER』があります。いずれも高価格帯、かつ値引きはしないスタイル。マーケティングでいうところのスキミングプライスで、小売にしては高い利益率を維持しています。

 

EC比率が高い

アタオのもうひとつの特徴として、EC比率が売上の半分近くを占めています。

これは近年のEC分野の成長の追い風に乗れること、またリアル店舗の出店ペースの制約を受けないという点で◯です。

詳細は成長可能性に関する資料をご覧ください。

# 越境ECで中国に進出したらめちゃくちゃ売上伸びそうだなあと妄想しますが、数年は国内の伸びしろを取りに行く方が優先でしょうね。

 

1店舗あたり売上高は1.8億円(推計)

有価証券報告書によれば平成29年2月末時点での店舗数は8店(ATAO5店、IANNE3店)。17年2月期の売上は28.7億円。リアル店舗とネットの売上比率が半々とすると、

28.7億円 × 50% ÷ 8店舗 = 約1.8億円/店

がざっくりとした1店舗あたり売上高になります。

実際には出店後3年くらいまで売上が伸びる(=出店後2年以内の店は売上がその店舗のポテンシャルの100%未満)経年効果を考える必要がありますが、ここでは割愛。なのでこの1.8億は実際より低く見積もられている可能性が高い点は留意。

 

出店ペースは年2店舗

目論見書によれば年に2店舗ほど出店する計画のようです。

このうち銀座店はすでに出店していますね。

上述の年間1.8億円/店を考えると、リアル店舗の店舗増加による売上増加は毎年3.6億円以上は見込めるでしょう。

 

21年2月期の売上目標100億円

以下日経の記事によれば、3-4年で売上高で100億円規模、売上高営業利益率で2割超を目指すとのことです。

スタジオアタオの瀬尾社長「売上高100億円目指す」

記事のタイミングが17年2月期なので、仮に4年後とすれば21年2月期の売上100億円、営業利益20億円以上が目標ということになりますね。

本当に目標達成できるのか – 皮算用

17年2月期の売上が28.7億円なので、これはかなりの勢いで成長する必要があります。

年に2店舗ずつ出店していく、かつネットでの売上比率が50%の場合の売上推移予測は

18年2月期:28.7億円+3.6億円×2=35.9億円

19年2月期:35.9億円+3.6億円×2=43.1億円

20年2月期:43.1億円+3.6億円×2=50.3億円

21年2月期:50.3億円+3.6億円×2=57.5億円

で、これじゃ全然足りません。

仮にEC比率が7割となった場合、上記の「3.6億円×2」(=7.2億円)が「3.6億円×10/3」(=12億円)になります。そうすると上記の式に毎年4.8億円上乗せされますが、それでも100億円には届きません。となると、ネット販売比率がもっと高くなる想定か、出店ペースが年2年という前提が違っている(もっと増やす)か、既存店1店舗あたり売上が1.8億円という推計値が低すぎるということなのでしょう。このあたりは今後の決算資料等で検証して、100億円の実現可能性を都度評価していこうと考えています。

 

おわりに

簡単にいえば以下2つを評価して私はこの株を買いました。

  1. ブランドによる高収益ビジネス
  2. 販路拡大余地による成長余地の大きさ

4月の決算時は四季報の予想に届かずストップ安まで売り込まれたようですが、そんな焦らず長く持つ価値はあるんじゃないかなあと考えています。

 

追記

アタオ取締役の長南伸明氏はビットコインで有名なbitFlyerの社外取締役です。小売とビットコインでどういう展開があるか見えませんが、頭の片隅には置いておこうということでメモ追記。

 

参考メモ

この記事を書いた時点の株価: 円 →本日の株価

 - 個別銘柄