weboyajiの株式投機ブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

ソフトブレーン(4779)というカタリスト付きストックビジネス銘柄

   

2月より新銘柄としてソフトブレーンをポートフォリオに加えました。お休みしていた家口座を急遽復活させ資産比10%ほど一点買い。個人口座でも買い付けていますが、途中で上がってしまい予定枚数の半分弱で様子見しています。

※私はすでに買っているのでポジトークになります。また、この記事は買い推奨するものでもありません。

この記事は私自身があとで振り返るためのメモとして書き残しています。もし今から買おうとする方はその価格で買いなのかご自身で納得の上行動してくださいね^^;

 

収益性

ビジネスモデルと利益率

ビジネスモデルはSFA/CRMサービスの月額課金で、アカウントを積み上げていくストック型ビジネスです。

営業利益率12%前後で、B2BのITサービスとしては優秀だと思います。

 

キャッシュフローも非常に安定しています。FCFを常にプラスに維持しつつ、研究開発等に投資していくスタイルですね。

 

成長性

足元の業績

世界規模で見るとSFAはセールスフォースのシェアが圧倒的ですが、国内ベンダーの中ではソフトブレーンが首位です。

5Cモデルの記事で書いたとおり、B2Bビジネスでは シェアが高い=競争優位性が高い です。業績を見ると、セオリーどおり業績が積み上がっています。

売上成長率と収益安定性だけ見ても、PER25までは評価されて良いと思います。

 

中期計画

1/30に中期計画を発表しています。

中期計画策定のお知らせ

大株主となっているスカラからの圧力か、それともスカラへの対抗心か。

いずれにしても、ソフトブレーンには業績向上へのプレッシャーがかかっています。

中期計画どおり行くかはわかりませんが、定量的な目標があると投資判断がしやすいですね。

 

カタリスト

生産性向上サービスの追い風

昨日、平成30年度予算案が通過しました。ポイントはこちらの資料にまとまっています。

この内容を見ると、中小企業の生産性向上は引き続き優先度の高い課題であり、その解決に向けた補助金が出ることが予想されます。

もっと具体的に言えば、昨年もあったIT導入補助金が今年もあるよね、ということ。すでに以下ニュースも出てますしね。

 経済産業省は2018年春をメドに、中小企業のIT(情報技術)を活用した生産性向上策に乗り出す。13万5千社の利用を想定し、17年度補正予算で「IT補助金」向けに500億円を計上する。POS(販売時点情報管理)システムの導入や書類の電子化などを進め、企業の収益性を高めるよう促す。

中小13万社のIT導入に補助金500億円 経産省

ソフトブレーンのeセールスマネージャーは昨年も補助金の対象として採用されています。よほどのことがない限り今年も対象となるはずです。

したがって、中小業者向けのSFAおよびCRMのアカウント数積み上げに追い風となるでしょう。

ソフトブレーン・フィールドIPOの可能性

ソフトブレーンには、同社が60%程度株を保有するソフトブレーン・フィールドという子会社があります。

ソフトブレーンフィールドはマーケティング系サービスを提供しています。レシート情報をDB化したPoint of Buy®データベースなど小売業からすると競合企業の個店別売上という喉から手が出るほど欲しい情報に近いデータを持っていて中々おもしろい会社です。

話を親会社ソフトブレーンに戻します。

アナリストレポートを見てみると、ソフトブレーンフィールドはIPOをする可能性があります。

2017年10月17日 企業調査レポート(株式会社フィスコ 客員アナリスト 佐藤譲 氏)

タイミングは当然知りません。が、来年初旬までに上場申請のニュースは出るんじゃないかなあと勝手に考えています。

ともかく、ここが上場すればソフトブレーンの株価も一段高するでしょうね。

ダイヤモンド社との関係性

ソフトブレーンのグループ企業には株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画があります。

投資家におなじみのダイヤモンド社。ソフトブレーンとダイヤモンドは2005年に合弁会社を作るなど、縁のある間柄です。

さて、ダイヤモンド社は雑誌の中でソフトブレーンのことをどう扱うでしょうか。

特別扱いはないと思いますが、諸々想像におまかせします。

 

まとめ

ソフトブレーンのポイントをまとめると、

  • カタイ収益力
  • 追い風による業績拡大期待
  • 子会社IPOの可能性

という感じです。

少なくともPER25で640円くらいまではいけると見ています。地合・カタリスト次第では3バガー狙いに格上げします。

 

ちなみに平日のこんな時間になぜ記事を書いているのかというと、身体を壊して仕事から離れたためです。復活できるかはわからず。

データ分析の仕事は興味深くこれからもっとやりたかったのですが、対会社・対人の関係でのストレスをうまく消化できなかったようです。

相場に自分の事情は一切無関係ですが、家族の生活不安を和らげるためにも家口座を膨らませたいなあと感じる今日この頃です。

最近話題のマイトレード。パフォーマンス確認におすすめです。
無料の株管理アプリ『マイトレード』

※このリンクから口座登録すると私にお小遣いが入ります。それが嫌な方はマイトレードでググってみてくださいね。

 - 個別銘柄