weboyajiの株式投資ブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

ヨシックス(3221)2015年3Q決算

      2016/02/23

海外市場が荒れているようです。日経先物は16,000円を割らないことを明確に否定して二番底を付けないと安心できませんな。

さて、本日引け後にヨシックス(3221)が3Qの決算を出しました。考えたことをメモしておきます。

 

ヨシックスとは

003

名古屋地盤のすし居酒屋チェーンです。ローコストで店舗をつくり・回すことで低価格でも利益が出る商売をしています。

企業サイト:http://yossix.co.jp/

 

ヨシックスの強み

自社内に建築事業部があって安く店を作れるというのもありますが、一番はマーケティング力であると私は見ています。

どんなビジネスでも頭一つ飛び抜けるには独占or差別化がキモとなりますが、飲食で独占は難しいでしょう。となれば、セグメントを切って明確に差別化されたところに自社を位置付けするのが定石です。

ヨシックスの「寿司×居酒屋」って競合がいそうでいない、絶妙なところなんじゃないでしょうか。少なくとも関東圏では。

市場機会の発見→ターゲティング→ポジショニング→…ってマーケの基本中の基本ですけど、実際に実現できてる外食企業って意外と少ないんじゃないですかね。上が考えても下が動けないとか、その逆とかで。

決算説明資料にも色々書いてありますが、出店場所・店舗設計など、ヨシックスは競合との体力削り合いを避けるための方策が徹底しています。理屈だけじゃなく実践もできていて、しっかり決算の数字に現れています。

これらを一言でいえば”マーケティング力”だと私は考えます。

 

3Q決算内容

今Qも増収増益でした。

コンセンサスは以下のとおりで、売上75.2%・純利益78.5%の進捗です。

コンセンサス(2016.2.8時点)

今期予想コンセンサス

  • 売上:10,800百万円
  • 経常利益:1,270百万円
  • 当期利益:730百万円

来期予想コンセンサス

  • 売上:13,700百万円
  • 経常利益:1,730百万円
  • 当期利益:1,040百万円

昨年11月の月次報告が前年100%割れだったのでどうかと思いましたが、引き続き好調ですね。Q毎の収益も加速していていい感じです。

 

中長期で育てたい銘柄

結論から言うと5年で5,000円を超える可能性が十分にあると見ています。

ヨシックス:売上計画

平成28年3月期 第3四半期決算説明資料

ヨシックスは現在の店舗数がおよそ200、年に20店舗程度出店しています。会社計画では中期で300店・長期で500店とのことですので、単純計算すれば5年後に300店舗達成の公算。このとき収益が2015年現在の1.5倍以上になっていれば、更にそこから10年で500店舗達成したときの収益アップ率の道筋を投資家に皮算用させることができるわけです。5年後、成長の夢を乗せた価格がいくらになっているか?5,000円超えは十分いけるんじゃないかなと。個人的な感覚ですけどね。

ちなみに昨年のいちよしのレーティングでは分割前で9,500円、分割後だと2,375円でした。

【追記】2016.2.23 →2,800円に増額されました

そう考えると、競争優位が保たれている限りはホールドし続けるのがいいかなと思います。

#私もヨシックスを”投資枠”扱いに変更しました。

 

リスク・懸念

人材の維持・獲得を続けていけるかが気になります。飲食同業他社より平均年収が低いですし、人が定着しなかったり求人が集まらなかったして成長に陰りが出てこないのか?決算説明資料を見ると従業員の雇用が可能な地域への出店するようにしているそうなので、今のところうまくいっているとは思いますが。

また、ヨシックスは経常利益率10%以上を目標に掲げていますが、もし人件費を同業他社に合わせて100万円/人程度上げたら競合と変わらない利益率になっちゃうんじゃない?というのもやや気がかりではあります。

 

おわりに

ヨシックスは外食つながりで言うと第2のアークランドサービスになるポテンシャルがあると見ています。#あそこもスゴイ企業ですねえ…。

ヨシックスも是非大きく成長してくれたらなと思っています。

【追記】ヨシックスのマーケ(集客)戦略について1点書いていないことアリ。気が向いたら書きます。
マーケティングの集客3要素:客数・リピート回数・単価 →「毎日来れる店」を掲げてリピート回数を上げている

参考メモ

この記事を書いた時点の株価: 円 →本日の株価

 - 個別銘柄