S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

【2018年10月3週】一旦リバ入りまぁす

   

今週もお疲れ様でした。

先週からの下げが一休み、個別株も反発。

10/15(月)を起点とした株価指数推移

10/15(月)を起点とした株価指数推移

 

このような中、家口座は年初来22%(先週比+1ポイント)、個人口座は年初来6パーセント(先週比+5ポイント)となりました。

個人口座は主力級のアジャイルメディアが週間+10%、ウェイトの高いワークマン・夢の街、加えてアタオが週間+5%と堅調でした。

家口座はネオスの買いボタンを考えた末見送ったのが×でした。前渡金・営業CFマイナスで躊躇してしまったけど値動き見ると杞憂だった模様。

 

主な売買

プリントネット

IPOのプリントネットを購入。ラクスルが顧客を集めてくれるので手堅いかなと。

ROEは計算間違えてて正しくは27%でした。

ゼンショー

AFC買収の開示を見て購入。一年あたり売上+250億円 営業利益+24.5億円くらいのインバクトかなと皮算用しています。

11/7の決算で下がりそうなのと、長期戦になりそうなのでまず少量のみ。

夢の街創造委員会

既に持ってますが買い増し。調べれば調べるほど、なんでもっと早く買わなかったのか悔やみました。

ラストワンマイル問題が話題になったときライドオンEを買ってましたが、正解はこちらの銘柄だと思います。ラストワンマイルの問題はヤマト運輸等も取り組んでいますが、個人的には物流会社に全ての責を負わせるには無理があると思っています。問題の規模が大きすぎますし、かかるコストの大きさとリターンが割に合わない慈善事業に見えます。物流会社や車メーカーが自動運転技術でコストを抑えた配送網を敷いてゆく流れは素晴らしいと思いますが、その網から漏れる地域・経路をカバーする別の施策が必要だと思うんです。そのひとつがITサービスからのアプローチで、既存のデリバリーリソース(新聞配達屋さん等)の利活用があると思うんですよね。そのような中、夢の街の「シェアリングデリバリー」は筋の良い解決策のひとつになりそうだと妄想。今は飲食のデリバリーですが、将来的には横展開して社会インフラのひとつになるポテンシャルがあると思います。

また、もう少し短期的な視点で見ると…消費税増税に伴い外食も+2ptの増税となりますが、出前は8%で据え置きです。これは既存の飲食店が出前館に出店する大きな動機付けになると思います。

参考:2018年8月期通期決算説明会資料

なおここまで語っておいて何ですが、私は単なる投機家なのでトレンドが崩れれば株は売っちゃうと思います^^;

アイティフォー

一度利食い撤退してましたが、RPAを扱っている同業他社が儲けまくってる空気を感じ取ったので再購入。消費税増税のポイントバックからキャッシュレス関連銘柄が話題になっていますので、同社のiRITSpayも恩恵を受けるかもというスケベ心もあります。が、実際のところ業績貢献はほとんど無いと思ってます。一方RPAの方は確実にtoB需要があるビジネスなので期待してます。

10/31 1Q決算。

システナ

先週の記事に買いた自動車IT銘柄群にシステナを追加。明らかに大口が買ってる値動きでしたが、三井住友信託銀行の買い増しだったようです。RPAでも稼ぐ企業なので、旺盛な需要に対して人さえ確保できれば業績上がり続ける優等生銘柄。直近の有価証券報告書を見ると社員数は増えていますし、平均年齢33.6才・平均勤続7.4年で業界標準的には良い方だと思います。

10/25 2Q決算。

SPDRゴールド・シェア

金バブルの可能性を考慮して少し唾つけ始めました。Barrick Gold のチャートを見るとじり上げ、このままトレンドが発生するならゴールドのETFも追従上げするんじゃないのと単純思考。

 

来週の予定

地合の確認

10/19(金)の米株の値動きを見ると、テック系・サービス系の値動きが弱くてダメですね。10/25のAmazonの3Q決算後の値動き次第で、全体暴落が来るかショートカバー暴騰が来るかの極端な二択になると見ています。

決算銘柄

来週から決算の数が一気に増えてきます。良い決算を出したところがあれば買いを検討しますが、地合が不安定なので無理な位置での買いは控えたいと思います。Amazonの決算が終わってから本格始動の方が良い気がしています。

また、保有株は基本的に決算でも持ち越す方針です。上にも下にもあまり派手な動きはしてほしくないのが本音ですが、どう動いてもいいような玉サイズに調整はしておこうかなと考えています。

 

パフォーマンス確認におすすめです。 無料の株管理アプリ『マイトレード』

 

 

 - 週次