S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

【2019年8月3週】逆イールド発生で爆下げ後乱高下

   

逆イールド発生で乱高下。アメリカ市場は8/14にダウが-800ドル(-3.05%)の暴落で今年最大の下げ幅を記録。そして下げだけ付き合う日本株。

市況

始値 終値 前週比 前週比% 売買高(株) 売買高
前週比
日経平均 2019-08-16 20,432.7 20,418.8 -266.0 -1.3 4,478,200,000 67.3%
  2019-08-09 20,910.0 20,684.8 -402.3 -1.9 6,653,600,000  
TOPIX 2019-08-16 1,489.5 1,485.3 -18.6 -1.2 4,478,200,000 67.3%
  2019-08-09 1,518.4 1,503.8 -29.6 -1.9 6,653,600,000  
マザーズ 2019-08-16 863.5 852.4 -19.3 -2.2 241,113,300 96.0%
  2019-08-09 890.3 871.7 -20.8 -2.3 251,177,200  
JASDAQ 2019-08-16 3,367.9 3,322.6 -56.6 -1.7 220,130,600 74.2%
  2019-08-09 3,428.2 3,379.2 -60.3 -1.8 296,733,200  

東証一部騰落レシオ

値上がり・値下がり数

東証一部

曜日 値上がり 値下がり 変わらず 差分 値上がり
銘柄比率
新高値 新安値 5日騰落
レシオ
8/12休場
2019-08-13 444 1,655 50 -1,211 20.7% 33 330 77.7%
2019-08-14 1,673 406 70 1,267 77.9% 40 66 110.1%
2019-08-15 272 1,812 65 -1,540 12.7% 16 335 82.6%
2019-08-16 1,057 982 111 75 49.2% 29 88 81.8%

マザーズ

曜日 値上がり 値下がり 変わらず 差分 値上がり
銘柄比率
新高値 新安値 5日騰落
レシオ
8/12休場
2019-08-13 109 179 5 -70 37.2% 5 16 94.8%
2019-08-14 142 137 15 5 48.3% 8 14 94.9%
2019-08-15 61 225 8 -164 20.7% 5 44 72.8%
2019-08-16 121 158 11 -37 41.7% 7 13 66.0%



主な指標・ニュース

・米消費者物価指数:7月のコア指数、市場予想を上回る伸び

・中国経済指標、7月は低迷が顕著 鉱工業生産は17年ぶりの低い伸び

小売売上高は前年比7.6%増と、6月の9.8%増から伸びが鈍化し、市場予想(8.6%増)を下回った。

・ユーロ圏4-6月GDP速報値は0.2%増、前四半期から半減

・米7月小売売上高は0.7%増、予想上回る 景気後退懸念和らぐか

7月の前月比の内訳は、ガソリンスタンドが1.8%増。ガソリンの値上がりを反映した。建材は0.2%増だった。衣料は0.8%増。オンライン小売りは2.8%増と、6カ月ぶりの大幅な伸びとなった。前月は1.9%増だった。インターネット通販大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の大型セール「プライムデー」が押し上げ要因だったとみられる。家具は0.3%増だった。外食は1.1%増。一方、自動車は0.6%減。前月は0.3%増加していた。運動・娯楽は1.1%減だった。

 

今週の所感

今週はほとんどザラ場も見られないしニュースも追えず、限られた時間でやったことは大体裏目になるストレス週間でした。いちばん目が離せない時間帯に携帯圏外になるような山間部に入っていて売り損ねたり、わずかに売買できる瞬間ができて売ったやつだけこれ見よがしに上がったり、間違いなく監視されている()

資産的には月曜に上げて、火曜以降は下げ続けて結局トントンでした。

持ち株は収益バリュー銘柄が弱いのと、自分が売買できるタイミングで売ったらすごい安売りになってしまってどんどん利益を減らしてしまいました。また、旅行系銘柄への売りが時間差できたのもまともに食らって残念。

米国国債30年利回りがサゲサゲ

アメリカ市場は逆イールド発生で株が弱含み。米国債30年利回りチャートもきれいな下降トレンドに。

株式市場は昨年10月のような値動きになってきていますが、ここから高値を取り戻せるのか…。

決算銘柄

2120LIFULL

LIFULL、4-6月期(3Q)税引き前は41%増益

8/7に決算開示済み。遅まきながら今週買い付け。決算説明資料に記載されている料金変更の件を見逃していました><

次の決算で業績一変が見られると思うのですが果たして。

1431Lib Work

リブワーク、今期経常は22%増で4期連続最高益、11円増配へ

12:30の決算開示に気付き数字を見て5秒で買い判断も、上期予想を市場がどう見るか不明だったので2秒だけ板を観察→買い優勢を確認してから1170円台の売り板に買い注文をぶつけました。決算短信の数字を見ると、不動産の転売による儲けよりも工事の付加価値による売上拡大の率が上がっているのが◯。上期予想が弱いのは手持ち物件の売却タイミングによるものかな?

株価がマネゲ化していたのが気になったのと、金曜日に一瞬ザラ場を見て売買できるタイミングがあったので+40%弱で1/3利食い…ってその1時間後に自社株買いの開示が出て株価は大幅上昇、私のストレス値も上昇。材料上げは事前に読めないから仕方ないんだけど、なぜこのタイミングでっていう。

4442バルテス

バルテス、上期経常を一転黒字に上方修正、通期も増額

会社は未成熟も仕事はたくさんあって、案件を回しさえできれば売上が上がるっていうやつですね。ベンチャーあるある。会社が形になるのが先か、人が消耗しきるのが先か。前者にBETして買い。

7047ポート

ポート、上期経常を一転2%増益に上方修正

第2のじげん候補。株価の下落を看過できんと明確なるメッセージが開示資料に記載され、売り買い交錯しています。

一時800円台まで落ちたんですねえ。買い増し狙ってたけど山梨の山中にいて売買できず。

3934ベネフィットジャパン

ベネフィJ、4-6月期(1Q)経常は67%増益で着地

KPIの変化を好感した買いが集まって大幅上昇。これは買いたい人多いよねえ。ほんのちょっとしか買えませんでした。

4845スカラ

スカラ、前期税引き前は39%増益で上振れ着地、今期業績は非開示、4円増配へ

決算と同時に中期計画を出すと宣言していたのが気になり、先月買って結局決算も持ち越し。

そして注目の中期計画は以下のとおり。

中期経営計画の策定に関するお知らせpdf

2030 年6月期に連結売上収益を 5,000 億円に、営業利益を 500 億円を目指します。

コンサル臭バリバリのスライドにやる気・元気・いわきみたいな論法で壮大な風呂敷を広げてきました。

とりあえず手持ちを一部利食いして、翌日落ちてきたので買い、買い、買い連打で全部約定。これはやっちまったか?((( ;゚Д゚)))

数字はまったく信じてませんが、四季報の無茶予想が出たときのリターンにBET。

4435カオナビ

カオナビ、4-6月期(1Q)経常は600万円で着地

業績絶好調。バリュエーション的にも需給的にも微妙と判断して買っていませんが、地合を見極める温度計のようなものとして監視だけはしています。

 

その他

ソフトバンク系によるTOBのニュースでユニゾが4000円を超えました。結果的に3100円台で売ってしまったのはもったいなかったな。ユニゾを売って買ったベストワンは結局あまり儲からなかったし。ちなみにベストワンは7月上旬の開示から計算すると上方修正が出る可能性があると見て買っていました。が、その前に株価が下がってきてしまい売却。今の地合で流動性のない銘柄を買い増していくリスクは自分には取れない…5000株で大株主になれてしまうとかさすがに。この後上方修正が出るか、上方修正は出ずに4Q上振れ着地という冷め冷めパターンになるのか一応監視は継続。旅行系銘柄への売り、サービス悪評のリスク、それらを跳ね返してリターンが出る案件になるのだろうか??

 

来週の予定

8/19(月)

  • 18:00 ユーロ 7月消費者物価指数

8/20(火)

8/21(水)

  • 27:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

8/22(木)

  • 13:30 日本 6月全産業活動指数(前月比)
  • 20:30 ユーロ 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

8/23(金)

  • 08:30 日本 7月全国消費者物価指数
  • 23:00 アメリカ 7月新築住宅販売件数
  • 23:00 アメリカ パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

 - 週次