S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

【2019年9月2週】大型株無限上げ、新興株続落

   

メジャーSQを迎える今週は大型株が連日上昇、SQ通過後も前場こそ寄天風味だったが後場から大きな買いが入って続伸。一方、新興株は資金が抜けてひたすらしんでいる状況です。

市況

始値 終値 前週比 前週比% 売買高(株) 売買高
前週比
日経平均 2019-09-13 21,214.6 21,988.3 788.7 3.7 7,450,000,000 147.8%
  2019-09-06 20,625.8 21,199.6 495.2 2.4 5,040,200,000  
TOPIX 2019-09-13 1,538.5 1,609.9 72.8 4.7 7,450,000,000 147.8%
  2019-09-06 1,506.1 1,537.1 25.2 1.7 5,040,200,000  
マザーズ 2019-09-13 856.0 847.8 -7.8 -0.9 230,584,700 94.2%
  2019-09-06 844.7 855.5 14.4 1.7 244,742,100  
JASDAQ 2019-09-13 3,318.3 3,349.1 33.7 1.0 267,605,200 94.2%
  2019-09-06 3,294.0 3,315.4 20.9 0.6 284,204,400  

SQで売買代金が膨らんでいます。

東証一部騰落レシオ

値上がり・値下がり数

東証一部

曜日 値上がり 値下がり 変わらず 差分 値上がり
銘柄比率
新高値 新安値 5日騰落
レシオ
2019-09-09 1,696 368 87 1,328 78.8% 61 13 172.5%
2019-09-10 1,357 729 65 628 63.1% 62 6 162.0%
2019-09-11 1,845 264 42 1,581 85.8% 67 8 294.7%
2019-09-12 1,247 810 94 437 58.0% 110 1 214.4%
2019-09-13 1,555 527 69 1,028 72.3% 104 3 285.4%

騰落レシオが真っ赤w 新安値も一桁しかない。こういう「上がっていく」というより「膨らんでいく」感じのときってなかなか下がらないんだよなあ。

思えば9/5が転換点でしたね。この日新高値数がドンと増えて新安値数が20未満に減りました。新安値数の変化…気にしてなかった。うーん。

マザーズ

曜日 値上がり 値下がり 変わらず 差分 値上がり
銘柄比率
新高値 新安値 5日騰落
レシオ
2019-09-09 171 109 12 62 58.6% 4 7 120.9%
2019-09-10 100 182 10 -82 34.2% 6 8 98.6%
2019-09-11 185 99 7 86 63.6% 3 4 123.5%
2019-09-12 106 176 10 -70 36.3% 3 6 94.1%
2019-09-13 114 172 7 -58 38.9% 3 10 91.6%

T1と比較してマザーズはお寒い状況。しかも騰落レシオ的にはそれほど下げていないので逆張りの買いも入りづらい。新興フルBET組は心理的に苦しい状況と察します。しばらく単発リバはあってもトレンド転換は難しそう。



主な指標・ニュース

4-6月GDPは年率1.3%増に下方修正-設備投資を下向き改定

ロシアGDP、4~6月は0.9%増 2期連続で1%割れ

ECB:マイナス金利深掘り、QEも再開-ドラギ総裁が押し切る

  • 一部中核国の中銀総裁はQE再開に抵抗を示していた
  • ドラギ総裁は10月に退任、政策決定はあと1回

欧州中央銀行(ECB)は12日、中銀預金金利をさらに深くマイナスとし、債券購入を再開すると発表した。ドラギ総裁は最後から2回目の政策決定で、自身の景気刺激策に対する批判を抑えユーロ圏経済活性化への仕上げを断行した。

→これを受け日経先物はさらに上昇。

米消費者物価指数:8月はコア指数が予想上回る伸び-医療費上昇

米小売売上高、8月は予想上回る伸び-車やオンライン販売堅調

→全体としてはプラス。内訳は車とECがプラス寄与。外食がマイナスなのが気になります。MCDとかチャート崩れてますね。外需は米中関税合戦で不安定なので、内需が投資家心理の支えになるのかな。そこが崩れたら業績に期待できない金融相場になってしまうので、米中の内需は引き続き注視したい。

今週の所感

先週同様に大型が買われ新興が売られる展開でした。

大型株・指数は無限アゲモードに入って止まらない一週間でしたね。騰落レシオを見ると一旦調整は入りそうなものだけど、先物主導でとにかく下がらない。9/3の米ISM製造業指数を受けて大型株終了→国債がさらに買われて株は下げるかと思っていたのですが、実際は全くもって逆でした。株わからん。

一方、新興はダメダメ。9/10(火)にはマザーズ・T1小型株が大きく売られて、新興・グロース株から外需株を中心とした大型株への資金移動がハッキリと現れました。その後も新興株・小型株は弱く、また上がる・下がる以前に売買代金が少なすぎて話にならない。

このような資金の動きで新興・小型株が多い私の口座も被弾。先週の小型先導株崩れを契機に保有株をかなり売ってキャッシュ率75%くらいまで高めていたのですが、それでも結構喰らいました。

大型株にシフト

ここ2年ほどは小型株中心で売買していましたが、資金が流入していくところで順張りするのが基本かなということで久々に大型株でトレード。先物に振られる感じとか、セクター循環とか、BO潰し→LC誘発アルゴとか久しぶりに味わいました。週の途中から買ってもさすがに高値エントリーで全然儲からなかったけど、慣らし運転という意味では良かったかな。小型→大型の資金移動が1ヶ月とかで逆流する可能性は極めて低いと思うので、しばらくは大型株の売買を続けていくことになりそうです。

ヤフーがZOZOをTOB

9/12にヤフーによるZOZOのTOBが発表されました。

ヤフー、TOBでZOZOを子会社化へ

ヤフーの発表によると買いつけ価格は2620円で、11日の終値(2166円)より21%高い。TOBは法律上の手続きなどが済み次第始めるとしており、10月上旬の開始を目指す。買い付け予定数の下限は発行済み株式の33.40%としており、応募状況によってはTOBが成立しない可能性がある。

今週一番のビッグニュース!TOB価格が思いのほか安かったので、横から入ってくる存在が出てくるorその思惑が発生する可能性にBETしてZOZO株を買い、また安くZOZOを手に入れたヤフーの評価UPを狙ってヤフー株にも買いを入れました。しかし両社とも寄天で弱かったのでLC。うーん。ZOZOの方は話題性と流動性から一ヶ月くらいは相場をつくると踏んだんですけどね。監視はまだ続けてます。

引き続き苦戦中

9月もヤラレが続いてじりじり削られています。

今月最も楽に獲れる銘柄だったくふうカンパニーもあまり獲れなかったし、厳しい状況。次の一週間はあまり相場を見られない予定だし、9/17-18にはFOMCだし、もうしばらく休んどけってことかな。

来週の予定

9/16(月)

  • 日本休場
  • 11:00 中国 8月小売売上高、8月鉱工業生産

9/17(火)

  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

9/18(水)

  • ブラジル中央銀行政策金利
  • 18:00 ユーロ 8月消費者物価指数
  • 27:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

9/19(木)

  • 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
  • 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
  • 07:45 ニュージーランド 4-6月期四半期国内総生産(GDP)
  • 15:30 日本 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
  • 16:30 スイス スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値
  • 20:00 イギリス イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
  • 20:00 イギリス 英中銀資産買取プログラム規模
  • 20:00 イギリス 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

9/20(金)

  • 8:30 日本 8月全国消費者物価指数(CPI)

 - 週次