S2Kトレードブログ

売買記録、トレードテク、銘柄分析など

【2019年9月5週-10月1週】米ISM悪化で下げるも利下げ期待でリバって新興乱舞

   

注目のISMは製造業も非製造業も想定以下の数字でネガティブサプライズ。金曜の雇用時計もコンセンサス以下だが失業率は想定を上回る結果に。このような経済指標の悪さで市場は一時下がったものの、利下げ期待が高まったことでリバウンド。

市況

始値 終値 前週比 前週比% 売買高(株) 売買高
前週比
日経平均 2019-10-04 21,793.8 21,410.2 -468.7 -2.1 5,927,000,000 115.8%
  2019-09-27 22,095.4 21,878.9 -200.2 -0.9 5,116,900,000  
TOPIX 2019-10-04 1,593.2 1,572.9 -31.4 -2.0 5,927,000,000 115.8%
  2019-09-27 1,618.0 1,604.3 -12.0 -0.7 5,116,900,000  
マザーズ 2019-10-04 881.2 870.5 -11.2 -1.3 246,557,600 110.9%
  2019-09-27 866.2 881.7 17.7 2.0 222,397,300  
JASDAQ 2019-10-04 3,382.6 3,379.9 -2.9 -0.1 253,769,100 121.7%
  2019-09-27 3,374.0 3,382.8 12.8 0.4 208,513,100  

※前週は4営業日。

東証一部騰落レシオ

値上がり・値下がり数

東証一部

曜日 値上がり 値下がり 変わらず 差分 値上がり
銘柄比率
新高値 新安値 5日騰落
レシオ
売買代金
2019-09-30 465 1,624 61 -1,159 21.6% 39 10 28.6% 2,337,108
2019-10-01 1,709 389 53 1,320 79.5% 53 7 108.0% 1,997,415
2019-10-02 1,057 1,007 87 50 49.1% 63 4 107.0% 2,087,207
2019-10-03 159 1,963 29 -1,804 7.4% 13 25 68.0% 2,070,400
2019-10-04 1,191 858 102 333 55.4% 27 24 78.4% 1,821,927

マザーズ

曜日 値上がり 値下がり 変わらず 差分 値上がり
銘柄比率
新高値 新安値 5日騰落
レシオ
売買代金
2019-09-30 98 185 13 -87 33.1% 2 8 53.0% 70,045
2019-10-01 163 117 15 46 55.3% 3 10 86.4% 67,163
2019-10-02 129 154 11 -25 43.9% 2 10 85.5% 63,495
2019-10-03 71 211 15 -140 23.9% 1 14 69.1% 59,118
2019-10-04 206 79 12 127 69.4% 4 6 89.4% 59,660


主な指標・ニュース

米ISM製造業指数:活動さらに縮小、10年ぶり低水準-雇用低迷

米ADP民間雇用、9月は予想下回る 貿易摩擦の影響波及か

NYの視点:米9月ISM非製造業景況指数雇用は5年ぶり低水準、9月雇用統計に警鐘ならす

米雇用者増は予想下回る、賃金の伸びも鈍化-減速の新たな兆候

米雇用、9月は緩やかな伸び 失業率は50年ぶり低水準の3.5%

パウエルFRB議長、米経済にはリスクあるが良好な状態と評価

議長は4日にワシントンで開かれたイベントで講演し、「失業率は半世紀ぶり低水準付近にあり、インフレ率は当局の2%目標付近だがそれをやや下回った水準で推移している」と指摘。「われわれの仕事は、可能な限り長期間、その状態を維持することだ」と述べた。

今週の所感

個別株を見ると木曜に大きく下がったものの金曜には持ち直して、新興・小型株は堅調な週でした。特に金曜日は個人投資家に人気の銘柄が値上がりランキングに並び、懐が暖まった個人が多かったのでは。私の口座もEdulab、ロゼッタ他の新興株が大きく伸びました。決算銘柄・IPO以外で含み益が短期で+20%とかになるのは久しぶりで、今週は新興の地合が相当良かったんだなと思います。ただ売買代金は日々細って行っているし、全面高という感じでも無いのですぐ崩れるような危うさも感じます。

経済指標を見ると、ISM非製造業の数字が芳しくなかったのは米国内需の終わりの始まり来ちゃう?と気になりました。9/9からMCDとかアメリカの内需株もチャート崩れてきてるし。

金曜夜の雇用統計・パウエルさん発言は無事通過。失業率は50年ぶりの低水準だとか。それって今が米国内需のピークで伸び代がもう無いってことじゃないのって気も。市場はFRBが利下げに動くのを織り込んでリバってますが、落ちた分の6割くらいしか戻ってない。イマイチ弱いなという感じもする。

日本市場は徐々にマザーズの売買代金が細っているのが気がかり。週明け活況が戻るのか注目してます。

来週の予定

10/7(月)

  • 中国、香港、オーストラリア休場

10/8(火)

  • IPO:4476 AIクロス、4475 HENNGE
  • 26:50 アメリカ パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

10/9(水)

  • IPO:7071 アンビスHD
  • 23:30 アメリカ パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
  • 27:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

10/10(木)

  • 米中貿易協議(10/10-11)
  • 17:30 イギリス 8月月次国内総生産(GDP)
  • 20:30 ユーロ 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
  • 21:30 アメリカ 9月消費者物価指数(CPI)

10/11(金)

  • 21:30 カナダ 9月新規雇用者数、失業率

 

 - 週次